Menu 家族信託の概要と費用

Menu

HOME//家族信託の概要と費用//万が一のための備えとして

万が一のための備えとして

万が一のための備えとして

こんなお悩みありませんか?

・親が施設に入ったあと、空き家となった実家の処分について困っている
・高齢になった親の相続税対策を行いたいが、親の資産の管理を自分ができるかわからない

→対策が後回しになってしまうと、「万が一」のときに大切な財産が守れない可能性があります。

【例】認知症になってしまうと…
・預貯金の引き出し、振り込みができない
・介護施設入所費用として計算していた実家が売れない
・親が所有している賃貸物件の管理、修繕ができない

→民事信託・家族信託によって、税金対策をしながら資産管理の方向性を定めることができます。

料金表

【料金例】自宅及び金銭の信託の場合
信託財産が約5,000万円(自宅3,000万円と金銭2,000万円)と仮定

民事信託設計コンサルティング費
50万円
調査費用実費(謄本、評価証明、戸籍等)
約2万円
信託契約書(公正証書)の作成
15万円
公正役場実費
約5万円
信託登記
10万円
登録免許税
12万円
合計
約94万円

家族信託の概要と費用一覧