What's New 新着情報

What's New

HOME//新着情報//実例③「認知症対策信託」

実例紹介

実例③「認知症対策信託」

ご本人の認知症対策に、民事信託・任意後見・遺言作成をご依頼された事例です。

目次

認知症対策、家族信託、任意後見、遺言作成

ご健在なA様だが、足腰が弱った事を契機に介護施設に入居する事に。同時に銀行の入出金も出来なくなる為、財産管理に不安を感じ、またその手続きも億劫となってきた事で弊社にご相談頂く運びとなる。
推定相続人のご相談者B様(長男)、C様(長女)、D様(次女)を交え、
担当の司法書士小松が、ご家族全員お揃いの場で、相談内容に応じた生前対策から相続発生後までのご提案をさせて頂き、民事信託契約・任意後見・遺言作成をご依頼頂く。

信託契約の内容

A様を委託者兼第一受益者、B様を受託者兼第二受益者、C様、D様を第二受益者とする信託契約を締結。
今回、金銭のみの信託契約で、A様がご健在な間はB様が信託財産を管理、A様亡き後の帰属財産をB様、C様、D様の3人で等分する、という契約内容。
信託財産以外の一般財産に関してはA様-B様間で任意後見契約を結び管理運用する事に。
相続発生後の事を考え、遺言を遺す事でスムーズな相続手続きを対応可能とした。

お客さまの声(長男B様)

「私が解らないことだらけで、色々と相談させて頂き、話が進んでいきました。大変対応が早くすぐに訪問頂き、その後もメール・電話でも随時進捗状況を報告を頂き、順調に進みました。
姉達からの質問なども直接電話やメールにて対応して頂きありがたかったです。今後も相談致しますのでよろしくお願いいたします。」 
 ー ご長男B様より -


『この度は、ご依頼頂きましてありがとうございました。
初回ご相談時より、民事信託・任意後見・遺言作成のお手続きを一ヶ月という短い期間で完了させて頂きました。
ご家族皆様がお父様の体調変化を心配し、ご不安に思われていらっしゃったので、スピーディにご対応させて頂いた次第です。
これからもご不安になられた時は、いつでもお気軽にご相談ください!』
~相続生前対策専門チームチームリーダー 司法書士 小松祐介~ 

SHARE
シェアする
[addtoany]

新着情報一覧