What's New 新着情報

What's New

HOME//新着情報//『民事信託・家族信託』とは?? その①

お知らせ

『民事信託・家族信託』とは?? その①

巷の至るところで、『民事信託・家族信託』という言葉を目にする機会が増えてきました。

電車やバスで移動中の電子公告・車内アナウンス、書店やコンビニに陳列する相続関係雑誌、etc...いかに世の中の注目度が高まっているかが伺えます。

ところで、『民事信託・家族信託』をすることで実際にどんなことが可能になるのか、そもそも『民事信託・家族信託』って何なのか、なんとなくは分かるけど実際にはフワっとしか認識していない、そんな方も多いのではないでしょうか?

 




『信託契約』とは...『信洋出来る人・機関に自身の所有する財産を託す契約』の事を指します。

信託契約の基本構造として、

委託者:財産を所有している人
受託者:財産を管理する
受益者:財産から得られる利益を享受する人

の3者から成り立っていて、「委託者=受益者、受託者=受益者」など、一人で複数の立場を兼任するケースも多々あります。
(※受託者監督人:財産がしっかりと管理されているか、受託者を監督する人 がいるケースもあります。)

一般的には『信託契約』という言葉から、信託銀行が思い浮かぶところですが、
信託銀行等で商品化されている『投資信託』や『遺言信託』(=遺言書作成+遺言書管理+遺言執行)などは、

「受託者が信託報酬を得て行う信託契約=商事信託、営業信託」を指しています。

一方で、「受託者が信託報酬を得ないで行う信託契約=民事信託」であり、

受託者=財産を管理する人が家族や親族である場合を、俗に『家族信託』と呼んでいます。
(『家族信託』という言葉は、実は法律用語ではないのです。)




いかがでしたでしょうか。一例を挙げますと、
「両親の持っている家を子供が管理する。」など、実は普段とても身近で起こりうる事を信託契約というカタチで運用するなど、『民事信託・家族信託』というワードがぐっと身近に感じられるようになったのではないでしょうか。

次回の記事では、民事信託・家族信託』でどんなことが可能になるかを説明していきたいと思います。
SHARE
シェアする
[addtoany]

新着情報一覧